◎試作~3作目◎

ミニチュア三味線製作奮闘記その2へ


過去、民謡ブームの時には、けっこうリアルなミニチュア三味線も売っていて、よく売れたそうですが。今はほとんど見かけないですよね。あっても例えば、かなりデフォルメされていたり、リアルさに欠けていたりで・・・

まあ、値段的にはそう成らざるをえないでしょうけど。僕的には、もっとリアルなミニチュア三味線が欲しいわけ。

で、思ったのです。無いなら自分で作ってみよう、と。

もともと、何か作ったりするのが好きだし。

どうせなら、本物の三味線と構造も材料も同じで出来ないかなと。そして、それなりに音も出ると。


●試作

まずは、試作。棹を三つ折れに出来るか。やってみました。

とりあえずホームセンターでマホガニーの棒売ってたから、これで。

胴は一応、花林。

(下の箱は、撥入れの箱です)


試作1試作2

何となく出来そう。もっともこの長さなら三つ折れにする必要性も無いのだが・・・そこは僕のコダワリです。


皮は張れるか。

試作3

試しに撥皮を張ってみた。手で引っ張っただけやから、いまいちやなあ。


糸は張れるか。

試作4

何とかいける。


鳴るか、さわりは出るか。

試作5

東さわりもどき、つまようじを突っ込んでみた。それとなく「さわり」らしき音が出る。


とりあえず、出来そうな感じ。


●試作品。棹:マホガニー、胴:花林、糸巻き:黒檀、皮:撥皮

試作品につき、寸法は適当、形はイビツ。まあ、なんとなく出来そうな目処がついた。

試作6



●今度は、もっとリアルに、かなりマジで製作。材料も、棹、胴とも花林で、糸巻きは黒檀。皮は、三味線屋さんで、棄てられるのを貰ってきた。

試作7

2作目にしては、かなりの出来ばえ。

試作8



●3作目は、棹に紫檀を使ってみる。(さすがに紅木は、簡単には手に入らないので)

2作目(左)よりも、ちょっと大きくなった。

試作9試作10

これも、なかなかの出来映え。

しかし、継手がどうしても隙間開く。本物の三味線のように、ピッタリいかない。

試作11

これは、かなりの技術と経験が必要やね。木をまっ平らに削る事の難しさを思い知らされる。コンマ1mm、いや、コンマ01mm単位の緻密さが要求されるで、しかし。職人さんの凄さがわかるわ。

あと、皮の張りがいまいち。手で引っ張ってるだけやし、手は2本しか無いからね。

接着剤も、

試作12

このタイプ。乾かしてから圧着するタイプ。このタイプじゃないと、接着剤が乾く(くっつく)まで、手離されへん。

やはり、ミニ張り台とミニキセンが必要か?それが出来れば、接着剤も違うタイプのが使える。

で、ミニ張り台&ミニキセン製作。

試作13

接着剤は、

試作14

これでいってみよう。

試作15試作16

おおっ!めっちゃ張れる!これはいい感じ。(紐のかけ方がめちゃくちゃだが) モジリは割り箸です。

くっついたみたいだから、キセン外してみると・・・

試作17

あれ?皮のテンション下がった・・・


う~ん、やはり乾燥後の接着剤の固さの問題だ。要は軟らかいのね。ゴムっぽく固まるから、皮のテンションに負けるわけだ。 エポキシ系の接着剤なら硬化後の固さが望めるけど、接着時に皮を湿らせるから、接着力が落ちそな気がする。 やはり、本物通り、ここは寒梅粉が必要なのか?・・・


・・・で、

試作18

じゃ~ん!寒梅粉!

寒梅粉を水で溶いて・・・皮を湿らせて・・・

試作19試作20

ちょっと、しゃぶしゃぶすぎるかな?うん、絶対。まあええわ、とりあえず張ってみたれ。およよ!調子に乗っていると、1ヶ所ヤバイ・・・

・・・なんとか耐えた。乾きました。

試作21

おおっ!ええ感じ!張れてる!やはり、寒梅粉!素晴らしい。昔の人の知恵やね。利にかなっておるわ。



こうやって自分でやってみると、職人さんの技術の高さはもちろんの事、なぜそうするのか、とか、なぜその糊を使うのか、などがとてもよくわかって勉強になるし、なにより面白い。



☆さて、これまで寸法や形が適当だったので、きっちり1/3で作る事にする。

細棹、中棹、太棹と全部作ってみたくなる。 とは言うものの、実際に寸法を1/3にすると、例えば胴なんかは長唄用と五分大なら大きさの違いは出るが、五厘大なんて長唄用とほとんど同じなんだ。長唄用よりも縦横それぞれ五厘大きいだけだからね。実際に五厘大きいという事は、約1.5mmです。その1/3ですから0.5mmなわけ。ちょっと削り過ぎると0.5mmなんてあっという間だよ。 棹にしても、1/3にすると、天神付け根部分の幅は、細棹と中棹では0コンマ数mmの差しかない。

このへんはある程度デフォルメしてもいいかもね。実際にも細棹でも中棹でも太棹でも、それぞれ太目のものがあったり、細目のものがあったりするわけで。

まあ、どちらにしても、きっちり作るには、型が絶対必要になってくる。特に、天神や胴の曲面は、適当に削っているとイビツになってしまう。出来上がりの見た目が、不細工なのだ。姿が悪いのね。 あと、棹の継手も、もっと緻密にしなければ。

道具も大事で、やはり安いノミは切れ味が悪い。切れ味が悪いと効率も悪くなるし、仕上がりもいまいち。


てな訳で、次はより本物の三味線に近づけるべく、奮闘します。


ミニチュア三味線製作奮闘記その2へ


(C)Copyright 2010 TakaakiYamada