◎1/3三味線製作(胴)◎

1/3三味線製作(棹)へ


●1/3三味線の胴


さて、作りまっせ。

まずは、花林の板、と言うか棒やね、これは。

胴c1

材料を選ぶ時も、よく木目を見て選んでいます。胴に使う花林の場合(棹もそうだけど)は、出来るだけ木目がまっすぐ平行になってる物を使います。

これは本物の三味線も同じだと思います。仕上がった時、胴の側面に綺麗な同心円状の年輪が出るのです。ただ1/3三味線では、なんせ小さいので、年輪は出てもぼんやり3重くらいで、しかも塗装するとよく分からなくなりますが・・・まあ、これも僕のこだわり。木目の取り方も本物と同じ様にと。


で、寸法を測って切っていくんですが、この材料は分厚いので、ちょっとめんどくさい。まず縦に切り込み。

胴c2胴c3

ほいでから、切ると・・・

胴c4胴c5

二枚分取れますねん。

胴c6


そうして、四枚分出来たら、それぞれ幅を揃えて。

胴c7胴c8


次に、切り出した4つ花林材の接着面を45度に切ります。

胴c9胴c10


そして、型に合わせて、まず側面の曲面を削ります。

胴c11胴c12

胴c13


次は、内側の曲面。

胴c14

胴c15胴c16

胴c17

必要に応じて、ある程度内側を彫っておきます。

胴c18

これでだいぶ胴になってきた。

胴c19


次に、豆カンナとヤスリで側面を丸めていきます。

胴c20胴c21

ほれ、それなりに年輪出てるだろ。

胴c22


内側をもう少し彫って・・・

胴c23

丸ウチ胴なら、これでOK。

綾杉胴は、ここから綾杉を彫っていきます。

胴c24胴c25

胴c26

1/3三味線で綾杉胴にしたところで、音が良くなるとかは無いでしょうし、皮を張れば見えないわけだし・・・ほとんど自己満足の世界。ここでも僕のコダワリが大炸裂!!!

胴c27



そして接着面を微調整して、接着。

胴c28胴c29

本物の三味線なら接着は膠ですが、1/3三味線ではエポキシ接着剤を使いました。強度もあるし、肉盛りできるし、まあ1回着けたら外す事も無いだろうし。

内側からも補強。これで強度もバッチリ。

胴c30


接着後、紙ヤスリで側面を磨いて、塗装。

胴c31

塗料は、漆ではなくカシュー塗料です。本当の三味線の胴(棹もそうだが)は、砥石で磨いて漆で仕上げるようだけど、ちゃんと漆塗ろうとしたら、ムシロがいるよ。

胴c32胴c33

カシュー塗料を何度も塗り重ねて、ピカピカになったら出来上がり。

胴c34



出来あがった、1/3長唄用(左)と1/3五分大(右)胴

3分の1三味線胴c35

定規と鉛筆が無かったら、本物だと騙されないかい?



さて、次は棹の製作です。


1/3三味線製作(棹)へ

ミニチュア三味線製作奮闘記その2へ戻る


(C)Copyright 2010 TakaakiYamada