三味線の歴史、起源は諸説あるようですが、今から約450年ほど前、沖縄(当時、琉球)から大阪の堺に、三線(さんしん)が伝わり、その三線をもとに、三味線が出来たそうです。

三線は、蛇皮線とも言うぐらいですから、胴にニシキヘビの皮が張られています。しかし、本州では手に入りにくいなど、試行錯誤があった末でしょう、犬、猫の皮が使われるようになり、棹は三分割出来るようにしたりと、様々な工夫がなされて現在の形になったのです。

三線と三味線の音色の大きな違いは、「さわり」があるか無いかです。三味線には、この「さわり」があります。

「さわり」とは、説明するより、聴いてもらった方が早いんで、

「さわり」なし~あり←クリックしたら聞けます

・・・こんな感じです。

要は、ビビリ音です。ギターなどでも、中途半端に弦を押さえて弾くとビビリ音が出ますね。言い方は悪いが、ノイズです。ノイズを積極的に利用して、独特の残響音としているのです。

原理は、一の糸だけ、わずかに棹に接触させて、ビビリ音(さわり)を出させます。すると、二の糸、三の糸も共鳴します。

ちなみに三味線は、太い糸から、一の糸、二の糸、三の糸と呼びます。ギターとは逆ですね。

さわりの画像 さわり裏の画像 さわり横からの画像

写真は太棹のさわり部分で、”東さわり”という、調節出来るものです。

次へ

(C)Copyright 2010 TakaakiYamada